年配ど素人様(失礼!)向けの「安定的に格安で済ませる記帳代行の無料支援サービス」を新橋駅前0分で始めます。予約制ですが料金は無料です。予約📞080-3206-0158(窓口山本努)が無料相談を承ります。

大手フリーの記帳代行サービスに乗っかるための無料講習会で御社に「御社長が管理できる素人のおばさん」による丸投げ経理経理体制の構築です。何らかの理由で手に負えなくなったら弊社の「丸投げ経理.top」のサービスに何時でも切り替えができます。100%心配ご無用です!

#格安経理運営の要諦は経理の素人に単純作業してもらえる人脈でこればひょっとしたら御社長の人徳!

弊社の「丸投げ経理.top」では,素人で十分な経理回りの雑役を、専門家が経理サービスとするから高くつくのです!ご自分の周りに「素人のおばさん」がいらっしゃればその人で「丸投げ経理」と同じ効果が得られます。それが「記帳代行.tokyo」のサービスです。

#丸投げ経理の仕訳検査
素早い「帳簿付け」代行通販(記帳代行)
#ご存知ですか記帳代行は税理士業務ではなく記帳受託した税理士には仕訳責任がありません。

#経理受託の内幕はスキャナー利用による領収書の自動読込とクラウド会計ソフトによる自動仕訳及び自動帳簿の作成です!だから 100パーセント巧く行く記帳外注にはDOGAMIの仕訳検査サービスが付いている。

承り手順!
第1手法(@100)(税抜き)
➀領収書収集
➁月最低料金10,000円(税抜き。月100仕訳まで)
※月100仕訳を超えると、1仕訳(1領収書)当たり@100円(税抜き)が課金されることになる。

※支払は原則、年間前払い(但し4回程度の分割で精算をしながらの支払を認める)
2 ※預金通帳の仕訳は会計フリー利用の場合、インターネットバンキング利用があれば仕訳は自動読取できる。無料で指導するので実質的に、銀行口座の仕訳料は無料となる。

➂手続きとしては
領収書や通帳写しを紙袋詰めし送る(丸投げ経理)。
ノート等に貼付けたものは、受付できない。
 
・これでOK!決算書と経理帳簿が自動作成される
・作業の見える化で逐一の経理仕訳を会計ソフト「会計freee」に送信する

第2手法(@ゼロ)
➀領収書収集
・スキャナー経理(御社処理)
 スキャナーで領収書(自動PDFイメージ)を会計freeeに自動送信する
・操作方法は素人で十分ですが無料指導もちゃんと理解できるまでやります

➁銀行預金通帳
・インターネットバンキングを使うこと


古い「巡回監査」方式(訪問)
上記のような格安の記帳代行では不満な方、
つまり訪問が必要な方は,日当10万円(税別)及び交通費(グリーン車・ビジネスクラス等の実費)が掛る。
※#TV会議が無料でやれる環境がある弊社はいわゆる巡回監査や顧客訪問は無駄と考える。

そのコストをお支払い頂ければ出張します。
でも、それってバカバカしいのではないですか?
 
もし近隣の在宅勤務(パート雇用又は外注)できる方が居れば、
弊社が無料でスキャナー操作、会計ソフト(会計フリー)のリンクの張り方等を
理解できるまで遠隔テレビカメラで細かく指導します。

▶備考
1.責任の所在
もちろん、その素人に経理責任はないことを確認してあげて下さい。
経理責任は本来、記帳代行の場合であっても、納税者当人であるとされていますが、
 
不服の場合はもちろん訴訟も可能です。その場合の第一審の所管裁判書は東京地方裁判所又は東京簡易裁判所と特約させて頂きます。
 
契約は民法を基礎に法令的に公平な形で、きちんと行いますのでご安心下さい。

2.訪問ありの記帳代行サービス
詳細の説明や報酬を別サイトで広報しています。
 
http://kichou.biz
又は, e検索で、記帳.biz をご参照下さい。


▶丸投げ方式のリードタイム
➀緊急は報酬1.5倍で,2週間
➁通常は1カ月

➂朗報
※近隣に素人のスキャナー操作をお願いできる方がいれば、
スキャナー操作が終われば、記帳代行は不要です!

契約により経理検査は通常の税理士事務所が行う以下の程度の検査による精度です(税務調査もこの程度と推定しています)。

㋑前年比較で異常値を検査する
㋺業界比較で異常値を検出する
㋩経営分析で異常値を検出する

▶安いコスト
➀無料化の方法
スキャナー経理を無料で教えますので自社でやって下さい。
従前の5倍速でやれると弊社顧問先Aの報告があります。

コストはスキャナー2万円前後と、
会計freeeソフトが年2万円余りのみ。

☆スキャナー経理は素人操作が可能です。
スキャナーの信頼性が100%近いです。経理検査は顧問税理士が決算料に含んでいるはずで少なくとも必要な検査はどの税理士事務所でも行うものです。

➁丸投げ経理
⑴料金設定の考え方
素人パートを御社が雇う場合の
人件費総額を基礎にしています。
 
つまり募集費・労働時間・交通費・雇用労働保険等々。
近隣に在宅勤務できる方が居ればベスト!

⑵経理証憑の宅配
紙袋詰め宅配で承る記帳代行の場合は

㋑月別の課金(基本料金は月1万円(税別))
㋺100仕訳を越えた部分は@1,000円


お勧め
そのうち内製化を真似で下さい。

▶それまでは…、
経理を安くやる方法、
それは素人も操作できるスキャナーで自動経理すること!

▶どうしても外注(経理の丸投げ)をしたい?
#記帳代行の経理現場は激変した。
小企業の経理はスキャナー経理でずぶの素人が対応できる!

零細事業主が殿様気分で経理作業を外注する前に、
料金一仕訳100円の相場が高いか判断しよう。


▶内製化は無料支援します
儲けが薄い事業主は、
経理外注せずコストの掛からないスキャナー経理、
 
つまりスキャナー利用で
クラウド会計ソフトの会計フリーfreeeによる
自社経理がお勧め。

#経理運営費は良心的な税のDOGAMIを使えば決算申告料は会計フリーを使えば年3万円税込みで会計ソフト代はfreee株式会社に支払う年1万円税別だから年4万円程度で経理運営できる。無料操作や経理支援が付いている(公開の契約書参照)。

参照▶
http://aaccx.net
http://自動経理.com
http://kichou.biz

無料相談窓口は「税のDOGAMI」
フリーダイヤルは
0120-03ー6066
案内役は山本努で
平日9:00~17:00受付

発信元は「税のDOGAMI」
アアクスグループ株式会社
代表税理士堂上孝生どうがみたかお
お断り▶税務相談及び税務申告は発信元の税理士が担当し処理します。

PS:
小規模企業様には経理は自社経理で「会計フリー」(自動経理機能付きの会計ソフト)を使うことを推奨しています。レジ対応が要る零細企業には「スマレジ」(2019年中は政府補助金付)で「会計フリー」と連動します。経理指導は「税のDOGAMI」が出来るだけ支援します。まずご相談下さい。相談先は0120-03-6066案内役は山本努です。


記帳請負環境
記帳代行(帳簿付け)に3つの代行種類にわけお客様の便宜を図っています。
1 試算表は自社。自分で会計ソフトを使い試算表(決算書)を自分で作る
2 下処理。自分(自社)で領収書を整理しネットバンキングを使い記帳作業の下処理をする
3 丸投げ。全く手付かずのまま、領収書・請求書・銀行通帳・証拠資料を弊社に渡す(丸投げ)

説明
記帳代行料は業界の人手不足のため急騰しています。
弊社も外注処理するため値上げはやむなし。
なるべく自社経理をお勧めする。

#freee会計ソフトの自動経理機能を使えば領収書はスキャナー読取で自動仕訳でき銀行通帳はネットバンキングで自動仕訳される。

第1自社整理の後に記帳代行
➀ スキャナーで処理できるよう領収書・請求書(受領したもの)をクリップで留める
➁ インターネットバンキングを利用する(全通帳)
➂クレジットカードは利用明細表をウェブ形式で受取る手続きをする(全クレカ)

備考1
糊付けしたものは「丸投げ記帳」するか自分で入力する
スキャナー利用をしない作業は10倍の作業費が掛かる

備考2
銀行のインターネットバンキング利用なしの通帳は自分で入力下さい


第2丸投げ記帳代行
➀提出する証憑(証拠書類)
⑴領収書
⑵請求書(受領したもの、渡したもの)
⑶銀行通帳
⑷証拠メモ(経費帳・PC出力資料)

お支払い方法
料金
次⑶項の㋑と㋺の合計
㋑基本料金
㋺従量料金

前金制
年間一括の前金(概算支払い)
 
★口座振替(東京税理士会協同組合扱い)でお願いします。

★代金の設定根拠
#記帳料金の設定根拠は税のDOGAMIでは素人経理員の1カ月の経理アルバイト代15万円をモデルに経理アルバイト代15万円の12カ月分即ち180万円が15万円で済むと云う考え方です。

精算制
3カ月毎に過月度の料金精算

2基本料金
毎月1万円の基本料金(外税)。
会計は継続して適宜(月1回以上)行えとの判示があり
年一括の経常的な処理は承りません。

㋺従量料金
一カ月単位で1仕訳当たり100円(外税)を拝領します。

備考:
当月の「仕訳件数」は凡そ概算で計算し上記⑴の通り3カ月ごとに精算します。

帳簿付け
#記帳請負の条件は次の3つ
❶クラウド会計ソフト(freee会計ソフト)を使うこと
❷銀行通帳は全てに「インターネットバンキング」を使うこと
❸クレカ利用明細は「ウェブ情報化」すること(クレジットカード会社では無料で対応してくれる)

http://kichou.biz/
このHPは (e検索▶) 記帳代行.tokyo
無料相談電話0120-03-6066案内山本努


追伸(オピニオン)
記帳代行請負の第3手法(@30円)
実用的ではないので、弊社はお勧めできない。メリットがあるとすれば「通帳記帳」が大変に多い企業が「丸投げ経理」をしたい場合と思われる。その他の業務形態では、経理現場の処理体制として、実務的ではない。何故なら、お客様はfreee㈱に「記帳代行プラン」として申し込むことはできるが、以下㋑㋺㋩の理由で実務的には税理士事務所で@30プランを受けることはコスト的に無理がある。そのため経理現場としては上記第1手法の@100プラン(丸投げ経理)を利用戴くことになる。㋑領収書はご自社でスキャナー自動経理の処理が必要で且つ顧問税理士の「登録」等の無料支援が不可欠。㋺インターネットバンキングでは、顧問税理士の「明細登録」等の無料支援が不可欠。㋩手動での「仕訳記帳」は、顧問税理士の無料支援が不可欠。「通帳コピー」のスキャナー処理この@30プランは、通帳コピーのスキャナー処理技術が使えること。オピニオンとして、税理士らへの「通帳コピー」のスキャナー処理ソフトの提供であれば、弊社もそのソフトを有料利用しいたい。「銀行通帳コピーのスキャナー自動読取機能」は、一般領収書のスキャナー読取機能との区別無しの@30円課金は小規模企業の経理記帳現場では、ユーザーたる税理士事務所として、課金方法が理不尽であると感じるのでこの@30円プランは使えない。顧問税理士事務所への「預金通帳コピーのスキャナー処理機能」としてソフト提供して貰えると有難い。


お断り」
本サイトの文中、会計フリー(freee)は、freee㈱の登録商標です。また本サイトの文中、弊社は税務相談及び税務申告代行については税理士が承り、それ以外の税務付随業務は関係会社のアアクスグループ㈱が税理士の監督の下に税理士事務所の請負いを代行する場合があります。